産業機械の開発・製造・販売なら、日本技術センターへ。あなたのアイディアを実現します。

液晶関連装置

反射型LCDモジュール光学特性評価装置

モバイル(2インチ)から大型ディスプレイ(30インチ)まで、輝度・色度等の光学特性を評価する装置です。
パネルを2軸旋回・受光器を2軸移動させることにより、あらゆる方位データを得ることができます。
またパネルを恒温槽内で駆動させることにより、温度変化による表示特性評価も可能となりました。

測定項目

  1. 色度
  2. 輝度及び階調
  3. 輝度の均一性
  4. 色度のむら
  5. 視角
  6. ホワイトバランス
  7. 輝度の可変範囲

製品に関するお問い合わせ先
TEL.079-225-3357 
産業機器システム営業部 長谷川

メールでのお問い合わせ

色彩輝度測定装置

モバイル(2インチ)から大型ディスプレイ(30インチ)まで、輝度・色度等の光学特性を評価する装置です。
パネルを2軸旋回・受光器を2軸移動させることにより、あらゆる方位データを得ることができます。
またパネルを恒温槽内で駆動させることにより、温度変化による表示特性評価も可能となりました。

測定項目

  1. 色度
  2. 輝度及び階調
  3. 輝度の均一性
  4. 色度のむら
  5. 視角
  6. ホワイトバランス
  7. クロストーク
  8. 応答速度
  9. フリッカー

製品に関するお問い合わせ先
TEL.079-225-3357 
産業機器システム営業部 長谷川

メールでのお問い合わせ

モバイル光学測定評価装置

モバイル(2インチ)から大型ディスプレイ(30インチ)まで、輝度・色度等の光学特性を評価する装置です。
パネルを2軸旋回・受光器を2軸移動させることにより、あらゆる方位データを得ることができます。
またパネルを恒温槽内で駆動させることにより、温度変化による表示特性評価も可能となりました。

測定項目

  1. 色度
  2. 輝度及び階調
  3. 輝度の均一性
  4. 色度のむら
  5. 視角
  6. ホワイトバランス
  7. クロストーク
  8. 応答速度
  9. フリッカー

製品に関するお問い合わせ先
TEL.079-225-3357 
産業機器システム営業部 長谷川

メールでのお問い合わせ

バックライト光学特性測定装置

モバイル(2インチ)から大型ディスプレイ(30インチ)まで、輝度・色度等の光学特性を評価する装置です。
パネルを2軸旋回・受光器を2軸移動させることにより、あらゆる方位データを得ることができます。
またパネルを恒温槽内で駆動させることにより、温度変化による表示特性評価も可能となりました。

測定項目

  1. 色度
  2. 中央輝度
  3. 最小輝度
  4. 輝度の均一性

製品に関するお問い合わせ先
TEL.079-225-3357 
産業機器システム営業部 長谷川

メールでのお問い合わせ

マルチ光学測定評価装置

FPDの測定において例えば液晶パネルの場合、バックライト安定点灯に30分・信号発生器接続に10分等の準備作業が必要です。
このため複数枚のパネルを続けて測定・評価するときアイドル時間が発生します。
本装置を使えばあらかじめ複数枚(最大10枚)を用意しておけば無人で測定・評価を行なえます。

特長

  1. パネル脱着の手間を省きます。
    あらかじめ複数枚のパネルを装着することにより無人で連続測定を行います。
  2. 多軸ロボットの採用でコストダウン。
    パネルの脱着・パネルの測定面の移動・視野角変更等すべて多軸ロボットで行うことにより装置のコストダウンを図りました。
  3. パネルサイズ・形状を選びません。
    治具クランプをスライドさせることにより10インチまでのパネルに対応できます。
  4. 暗室環境が不要です。
    外装カバーにより暗幕等の設備が不要です(蛍光灯・換気ファンが付属しています)。

用途

  1. FPDの光学特性の評価。
  2. 各種フィルムの評価。

製品に関するお問い合わせ先
TEL.079-225-3357 
産業機器システム営業部 長谷川

メールでのお問い合わせ

捺印機

治具に収められたワークに連続捺印を行ないます。

特長

  1. 上位信号から必要データをワークに捺印できます。
  2. 捺印位置・ワークのセット数にフレキシブルに対応します。
  3. 捺印機のメーカー・型式にかかわらず対応できます。

用途

  1. LCD基板への印字。
  2. モバイル用基板への印字。

製品に関するお問い合わせ先
TEL.079-225-3357 
産業機器システム営業部 長谷川

メールでのお問い合わせ

落下試験機

空気抵抗・機械抵抗を考えずに対象物を任意の姿勢で落下させることは非常に困難です。
この装置を使えば落下姿勢・落下最終端の速度を任意に設定できます。

特長

  1. 開放時の姿勢を保ったまま衝突させることができます。
    衝突直前にクランプを開放するため任意の姿勢で衝突させることができます。
  2. 衝突時の速度は自由落下速度に設定できます。
    開放時の高さを調整することにより自由落下相当の高さに設定します。
  3. パネルサイズ・形状を選びません。
    固定治具をスライドさせることによりパネルの突起部をさけて固定できます。
  4. 安価でどこにでも設置できます。
    カム機構の採用により電気・エアなどの動力を必要としません。
  5. 安全カバー付。
    衝突部には部品の飛散を防ぐための安全カバーを設けています。

用途

  1. 車載部品(カーナビ・パネル)の衝撃試験。
  2. 携帯電話。

製品に関するお問い合わせ先
TEL.079-225-3357 
産業機器システム営業部 長谷川

メールでのお問い合わせ